地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

中古車販売とレンタカーの関係

2016.01.16

こんにちわ
中古車販売店の売り上げアップの組織
集客増強研究会の大平です。

久々に検索ワードの状況から記事書いてみました。
検索ワード見ているとレンタカー関連の検索
すご~く多いですね。

みなさんレンタカーに興味あるみたいですね。
と、言うかたぶん想像なんですけど
レンタカー自体で稼ぎたいというよりは
中古車販売のきっかけとしてレンタカーを
使って頂き、そこからお客さんとの接点を
持ちたいと考えていらっしゃる方が多いんじゃ
ないかと思うんですね。

こういう考え方をマーケティング用語では
フロントエンドと言います。

つまり大雑把にいうと集客用商品というような
意味ですね。

通販でよくある無料お試しとかは全てフロントエンド商品
というんですね。

で、そのあと、本当に買って頂きたい商品をバックエンド商品と
言うわけですね。マーケティングの基本中の基本なわけです。

で、最初に書いたように中古車販売店の経営者の方が
レンタカーをきっかけとしてお客さんと接点を持ちたいと
考えていると仮定した場合、考えるポイントはひとつだけなんです。

つまりレンタカーという商品がフロントエンド商品として
向いているかどうか?という点だけなんですね。

実はこのフロントエンド商品からバックエンド商品に
繋げるというのはバックエンドが比較的高い価格帯で
あったりして、一発では購入に至らないようなケースで
フロントエンドからバックエンドの間に階段をつけて
一歩づつ階段を上って頂くというような意味があるんです。

そうするとフロントエンドとバックエンドの階段の
高さは無理なく登れる高さの設定をする必要が
あるわけで、フロントエンド商品の設計というのは
相当細かいルールがたくさんあるんですね。

もっとわかりやすく説明するといいフロントエンド商品を
開発できればもうそれだけで間違いなく儲けが出る
会社になると言っても過言ではないんです。

以前ある近畿地方の工務店経営者から住宅販売の
フロントエンドの開発を請け負ったことがあるんです。
まあ個人的にお付き合いがあった方だったんで
仕方なくお受けしたわけですけど。

でその時に作ったフロントエンドの開発の仕方という
ファイルがあるんですね。

まずファイルに考えうることを全てまとめてその上で
開発したんです。

結果、大ヒットしましたね。今でもずっと稼ぎ続けている
フロントエンドの開発に成功したんですね。

で、今回久々にそのファイル広げてレンタカーを検証したんですね
僕の考えでは2つのポイントからフロントエンドには適さないと
言う結論ですね。

あ、このファイル。集研の会員さんで欲しい方は
無料で上げますんでメール下さいね。
名前の記載ないと会員さんかどうか把握できないんで
必ず名前記載して下さいよ。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中

アーカイブ

カテゴリー