地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋、社員の不祥事の対応方法

2020.10.30

車屋、社員の不祥事の対応方法ですね。
いや^ありますね。どこのお店でも
ちょくちょく聞く話です

そういう自分のお店でも過去、何回かは
ありましたよ。

というか昔、勤務していた証券会社でも
ありましたし、車屋に限らずどこの会社でも
あるんじゃないですか。

不祥事と言ってもお金に絡む不祥事から
何か刑事事件を起こしてしまったケースとか
社内不倫とか色々あるじゃないですか。

このうち完璧ではないものの比較的
不祥事に繋がりにくい環境を会社として
作れるのはお金の問題だけだと思いますよ。

銀行なんかの場合、辞令から転勤まで
だいたい1週間しか猶予出さないですけど
あれは、不正があった場合、不正を隠す時間を
与えないのが目的ですからね。
何かあればほぼ転勤時には見つかる仕組みになって
いてプレッシャーを与えて不正を起こさないように
しているわけですね。

強制的に連休を有休消化させるのもそれが目的
ですね。

ただ僕たち車屋となるとなかなかそういうわけには
行かないですからやはり最も重要になるのは
領収証の管理じゃないですか?

とりあえず領収書の破損は必ず提出させる仕組みにする
領収証は必ずすべてに通し番号をつけて管理する
などが初歩の初歩ですよね

まあ管理としたらそのあたりから始めるのが
妥当な線でしょうね
この程度は最低限やらないと社員が気の毒です。
悪いことが比較的やりやすい環境を作っておいたら
魔が差すって事だってありますから

あと1点、本当に悪いことをしにくいような
対策を取っているにも関わらず出てしまったような
ケース

悩むと思うんですよ。どんなペナルティを出すか?
あるいは念書か何かで今回だけは不問に付すとか
最悪、解雇とか、どういった処理をすればいいか?
本当に悩むと思うんですよね。

多いのは念書を取って今回だけは不問に付すって
いうような処理が一般的には多いんじゃないですか。

現実的に退職されたらそれはそれで困るから
っていうような理由が多いと思います。

ただ1点だけ、会社側がある程度のプロテクトの取れる
仕組みを構築しているにもかかわらずなんらかの
不祥事を起こした社員、1回で終わることはまず間違いなく
ないです。

必ずと言っていいほど繰り返します。
だって皆さんだったらそういう事やります?
いくらスキがあったとしてもやらないでしょう。
というか感情的にできないでしょう。

それをプロテクトがあるにも関わらずやるというのは
その人の本質的な資質だと僕は思ってます
過去、証券会社時代も含めてまず間違いなく
繰り返します。温情が却ってアダになるんですよ。

まあ僕の知る限り1回の間違いで収まるのは
社内不倫くらいですよ。見つかってかみさんにこっぴどく
怒られて懲りますからね。

不祥事にも色々な種類がありますけど不倫以外は
抜本的な対処を行わないと繰り返すと思っていたほうが
いいですよ

経営者の仕事として採用力をつける。これも大事な仕事ですから

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中

アーカイブ

カテゴリー