地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋の社員 採用人数の基準

2024.03.15

車屋の社員の採用人数の基準ですね。

繁忙期になると、

スタッフが足りない!

と感じて、

『社員もう一人入れた方が良いかなぁ?

でも閑散期になると、余ってもしょうがないし。

そもそも、うちぐらいの規模でどのくらいの人数がいればいいんだろう?』

そんなこと考える時ありませんか?

これ、明確な基準をもっていると考え方としてすごい楽になります。

その基準はなにかというと、

【一人当たりの売上総利益高】です。

もちろんその基準は各社によって違いはあると思いますが、

最低ラインというかこのくらいあればまだ大丈夫かな。

という指標は

【1,000万円/1人】

だと思います。

つまり売上総利益高が1億円のところは10人までなら、

社員の給与も平均以上の水準で支給できて、

尚且つ利益も残る会社なんじゃないでしょうか?

なぜなら、

(人件費÷売上総利益高)×100=労働分配率

ですよね。

この労働分配率が高くても50%くらいが健全な会社だと思います。

つまり、一人当たりの売上総利益高が1,000万円の場合、

人件費が一人当たり平均500万円になるわけですよ。

それであれば、

社員の給与も平均水準以上で、

無駄な固定費を使っていなければ、

しっかり利益も出る会社になると思います。

これが【700万円/1人】くらいだと、

かなりきつくなると思います。

それでも忙しくて人を入れないとまわらない。

というときは、

仕組みそもそもをを変える必要があると思いますよ。

さぁあなたの会社はどうですか?

決算書で確認してみてくださいね。

 

#下にスクロールして頂くとテーマ別にカテゴリ分けしてありますので(右のほうに出てきます)
自分の読みたい記事、解決したい問題、参考になる記事あります。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中

アーカイブ

カテゴリー