地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋、紹介が貰える時は?

2022.09.09

車屋、紹介が貰える時は?

紹介で買って貰えたら楽ですよね。
結構、固いし、紹介ならあまり
面倒な事言う人も比較的少ないですしね。

ただ比較的はっきりしているのは
紹介が入る車屋さんは結構入るし
あまり紹介が入らない車屋さんは紹介が少ないですよね

これどこが違うか?わかります?
売った車の品質?接客対応?

飲食で考えるとわかりやすいと思うんですが
今、飲食店っておいしくて接客もいいって
言うのがスタート地点になっているじゃないですか
そのうえで他店との違いを出してお客さんに
来てもらう。なんとか利益を出していく

車屋も一緒で車の品質がいいとか接客がいいとか
これはもう当たり前の事でここが出来ていたら
紹介が入るということは考えにくいわけですよ

ちょっと事例で説明しますね
隣の家の人が車を買ってくれた。
隣町に住む家の人が車を買ってくれた

どちらが紹介してくれる可能性が高いか?

1か月前に車を買ってくれたお客さん
5年前に車を買ってくれたお客さん

どちらが紹介してくれる可能性が高いか?

どちらも前提として購入後、特に何もしていない前提ですよ
だとしたら隣の家の人の方が顔を会わせる機会が多いんで
紹介が入る確率は高いですよね

5年前に買ってくれた人が突然電話してきて紹介するわ
というよりもつい1か月前に買ってくれて関係性があった
お客さんの方が紹介してくれる可能性は高いですよね。

似たような事例で言うと、中学の時めちゃくちゃ仲良くて
いつも一緒に遊んでいたけどここ10年くらいあってない友達と
まだ知り合って1年くらいだけど月1回くらいは飲みに行ったり
している知人では後者の方が車買ってくれる可能性は高いわけですよね

つまり紹介が入るか?入らないか?というのは一般論としては
関係性の構築が出来ているかどうか?もっと大事なのは
関係性の構築が継続的に出来ているかどうか?
こういう事なんですよ。

しかも紹介の場合は広告で集めたお客さんの場合
広告コストもかかっていますし、第一に成約率が全く異なるわけですよ
だから関係性の構築を継続的に行うということは
事業を構築する上でかなり重要な施策になるわけですよ

ここを理解しないと安定した経営にはつながりにくいわけですね

#下にスクロールして頂くとテーマ別にカテゴリ分けしてありますので(右のほうに出てきます)
自分の読みたい記事、解決したい問題、参考になる記事あります。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中

アーカイブ

カテゴリー