地域一番の中古車販売店を創造するブログ「ネット集客増強研究会」

車屋の限定の効果

2021.03.19

車屋の限定の効果ですね
限定というと
期間限定
数量限定
対象者限定

まあこの3つくらいかな
期間限定と言うのは例えば3月末までなら
数量限定と言うのは10台までなら、ということですけど
車の場合、数量限定というのはまああり得ないんで
今ならお車ご購入の方に10万円キャッシュバック
ただし総予算100万円なので先着10台まで
とかこんな感じでしょうね。
対象限定というのは今年成人式を迎えた方とか
この時期なら新卒者限定とか

こんな感じなんですけど、今、信ぴょう性は
かなり薄くなってますよね

その理由の大きなものは通販ですよ
今から30分以内なら、とか
今だけ、100個限りとか言いながら
HPでは常時、売っているし値段も変わらない
わけですよ

もちろん通販だけが原因ではなくて車屋に限らず
どんな業種業態でも売りたいから本当は昨日まで
なんですけど、なんとかします。とかお客さんに
1日ずれただけなんだからなんとかしてとか
言われてやってしまう
まあ仕方ないといえば仕方ないんですけど
それを繰り返してきた結果、限定の効果というのは
限定的になってきてしまったわけです。
シャレじゃないですよ。

じゃあ本当に限定の効果を出すにはどうするか?

広告媒体などで限定を告知するときにハードルを
上げることですね

期間であれば「本当に3月31日で終了です。4月1日には
わずか1日であっても期間限定は適用されません

数量であれば数量限定の理由を明確にして本当にそれを順守する

対象限定であれば、年齢なら要免許証確認とか
例えはあれですけど、被災者応援キャンペーンなら要罹災証明提示
くらいにしないと今の時代、信用されませんよ。

どうせすこしくらい日が過ぎても大丈夫でしょ。となって
限定効果はかなり薄くなってしまうんですね

あ、この記事書いててふっと思い出しましたけど
例えば今だけ3万円割引とやるのと
今だけ商品A定価1万円と商品B定価1万円と商品B定価1万円
が今ならついてくる。
とやるのとどっちが反応率高いか?わかります?

これ同じ3万円でも現金値引きよりABCの商品合計3万円分
プレゼントの方が反応率は確実に高いんですよ。

余談入りましたけど今回の記事で言いたかったのは
結局、売りたいがためにその場しのぎのようなことやってると
最後はだれも信用しなくなりますよ。ということです。
言った以上は何があっても順守するということですね。

中古車販売店の売り上げが飛躍的に伸びるメルマガ

このメルマガでは以下の事がわかります

  • お客さんが頼むから売って下さいと言わせる方法
  • 中古車販売店のネット集客方法
  • 会社を社員に任せて自動操縦する方法
  • 成約率を飛躍的に伸ばす○○シリーズという方法
  • 当社が世帯数シェア19%を確保した最強囲い込み手法

いますぐ下記よりお申し込み下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メルマガ配信中

アーカイブ

カテゴリー